Cool way of life

〜人間の本来の可能性を引き出す生き方へ〜

「変化したい!」と言いながら、変化を妨げるものの正体とは?

f:id:Mmegumi:20181002000137j:plain

変化を妨げるものとは?

「変化したい!」

あなたはこの言葉を、今までの人生で何回くらい言葉にしたことがあるでしょう?

 

私自身も、思い悩んでいた20代後半は、1日に何度口にしていただろう?と思う程、「変化」を求めていた時期がありました。

 

「変化する」ことは、何も障害となるものがなければ、実は思った瞬間に完了するもの。

とてもシンプルで、いつでも誰でもできるはずのもの。

 

だけど、そう簡単にいくものではないのが現状です。

 ですが世の中には、

「変化しよう!」なんて言葉さえ浮かばないくらい、

いとも簡単に限界を超えていく人もいますよね?

 

「変化できる人」と「変化できない人」は、一体何が違うのでしょうか?

そのポイントをしっかりと把握し、着実に変化へ向かいましょう!

 

 

 変化を妨げる、見えない障壁とは何?

変化を考える時に、

「どんな自分になって、何をするのか?」

をみなさん考えるのではないかと思います。

 

ですが、私自身も経験からみて、

「どんな自分になって」のところはひとまず横に置いておいて、

「何をするのか?」ばかり考えてしまいやすい。

 

今の自分のままで、やることだけ変えること・・・。

これって絶対に変化できない盲点です。

 

実は、変化を起こすために大事な事は、

「どんな自分になるか」というアイデンティティの変化です。 

 

「自分が何者であるのか?」というアイデンティティの変化によって、

今の環境・状況のままでも、目の前に見える世界が大きく変化するのです。

 

私も昔、「何をやるか?」ばかりを考えて、外側ばかりの変化を繰り返してきました。

・自身のなさを、ファッションで補おうとする

・もっと勉強したら自身がつくか?と思って、仕事終わりに勉強会に通いつめる

・何か趣味を持とうと思って、色々行ってみる

・新しく能力をつけたくて、趣味で免許をとってできることを増やそう!

・ストレス解消のため、一先ず旅行に行ってみる

・飲み会や買い物でストレス発散

・仕事に対してもっとやり甲斐を求めて、薬局から病院に転職してみるなど。

でも、これって全て自分自身ではなく、自分の置かれている環境など外側を変える事。

自分自身の本当の変化はおこらないのです。

 

私自身、

どこまで頑張っても、変化したい理想の姿の自分自身になることはできなかったし、

チャレンジして到達したとしても、その時点で次に目指す理想ができてしまう。

 

自身はつくことなく、不安を埋めるために頑張り続ける生き方となっていました。

 

でもnTechに出会って学んで知った事は、

自分自身をまず認める事。

今の自分が100%満たされている事を知る事。

 

大前提、自分自身が足りないと思うところからスタートしてしまうと、マイナスから0には上昇したとしても、プラスにはならない。

マイナスから0を頑張って繰り返す事になるのです。

 

自分が足りないと思ってしまうのは、自分自身。

周りがそんなこと全く思っていなくても、自分がそう思ってしまったら残念!

スタートはマイナスから。

 

どうせ同じようになるのなら、自分が満たされてる100%の状況から、プラスに蓄積していく変化が、全く差の違うものとなるのです。

 

お問い合わせフォーム - Cool way of life