Cool way of life

〜人間の本来の可能性を引き出す生き方へ〜

「私」とはどんな人?

f:id:Mmegumi:20181015123843p:plain

先日、組織内のチームで勉強会を行いました。

自分のことも改めて確認できたし、ためになりました。

 

「好きな事」を書き出してみる

自分の事を知るために、まず「好きな事」を書き出してみた。

 ↓↓↓

《好きな事》

・自然を見る事、行く事(水・空気・光・緑の景色)

・美術館・博物館、アートを見る事

・私には創造できない程のクリエイトと出会う事

和文化、着物・茶道・華道など

・間を感じる事

・料理をすること、料理に集中する時間、作れなそうなものを作る事

・アロマ(医療用アロマ、癒し)

・健康に意識していくこと

・山登り

・果物

・水

・季節を感じる事

・シンプル

・白黒・シルバービビットカラー・原色、くっきりはっきりした色

・本物、ジュエリーなど

・古いもの、歴史があるもの

など。

 

「好きな事」から共通のキーワードを探す

書き出したものから、共通のポイント・キーワードを探ってみた。

完璧じゃないけど、ポイントとしては2つ。

 

1つ目:「間で生きる」

アートを観賞するのが好きなのは、「間」に心が惹かれるから。

西洋画も好きだけど、どちらかというと「間」を感じられるのは日本画水墨画、屏風絵など。ぼーっと座ってみてたい程、吸い込まれる。

 

着物・茶道・華道も、「間」そのものだと思います。

目に見えるところで表現するのではなく、目には見えないところが主として表現していく。

''存在が有る''で生きるのではなく、’’存在は無い'’という究極のシンプルで生きたい!!という思いが、「好きな事」を書いた中にちりばめられている事を感じました。

 

2つ目:「クリエイティブ」

昔、アントニ・ガウディに惹かれて、一度は建築家を目指した事もあります。

日本画のシンプルさも好きだけど、パブロ・ピカソ的な奇抜で思いもつかない絵画も好き。

アクセサリーも、本物のジュエリーか、超個性のアクセサリーを好んできました。

 

そんな、自分の心惹かれるものをを思い出してみると、

欲求として、クリエイティブしたい!という思いがあることに気付かされます。

そういう心の奥底に眠る欲求が、日常の一つ一つの選択に影響しているようですね。

 

大切にしたい価値

「大切にしたい価値」と言われると、ちょっと悩んでしまうが、今思ったところで言うと・・・

「生き方」「不動心」にまとまるように思う。

 

そのものがアートであり、部分ではなく全体を通しての美しさ。

そして、何者にも影響されない不動の安定感が、私が求めている生き方なのだろうと思いました。

 

ちょっとした1時間くらいのワークによって、改めて整理されたので有難いものです。

全体を通して、私自身の自己紹介のようなものになりました✨